株式会社表組 RECRUITING SITE

INTERVIEW02

完成した現場を見た時の感動、得られる人との絆が成長の糧。

志受 正彦masahiko Shiju

建築部
2019年入社

周囲から学び、
誠意を持って現場に立つ。

建築施工管理技士として2年目で、先輩や職人さんたちに支えられながら、1人前の現場監督を目指しています。仕事内容をざっくりと言えば「現場の責任者として、工事を円滑・安全に進めること」で、俯瞰して全体を見る目と、人とのコミュニケーションが大切になってきます。工事が予定通り進行・完成するために、建設工事計画届の作成・申請、工程表や設計図の作成、安全管理、職人の配置、業者と連絡、資材の計算および発注……と、現場だけでなく、デスクワークもあって多岐に渡ります。私はまだ新米なのでわからないことも多く、その都度、上司や他部署、職人さんたちに確認・相談をしたり、自分でも調べるなどして、きちんと理解した上で仕事に取り掛かるよう心掛けています。

人との絆の大切さに
気付かせてくれる。

表組は建築部も土木部もあるため、自社一貫での施工が可能です。部署間の連携がしっかりしていますし、新しいことも挑戦させてくれて、フォロー体制も充実しています。入社後の新人研修では4つの部署を短期間で配属されるジョブローテーションがあり、その経験が表組の仕事の理解につながり、人とのコミュニケーションの面でも活かされています。今、私が毎日現場で相手をしているのは熟練の職人さんたちです。フレンドリーだったり職人気質で無口だったりといろんな人がいます。それでも現場監督として伝えなくてはいけないことがありますから、円滑にコミュニケーションができるよう、ふだんから雑談も心掛けて人間関係の構築を意識しています。

自分が設計したものが
カタチになる喜び。

今は上司とマンツーマンで仕事をすることが多いのですが、上司の仕事の進め方や判断など全てが学びであり、気づきです。「足場の設計図を作成」「大元の設計図から、各職人用の図面を描き起こす」などさまざまな仕事を任せてくれて、若手を育てる気概も感じますし、その期待に私も応えたい。一般住宅から国の大きなプロジェクトまで手掛けるほどの高い技術力がある表組と巡りあい、こうして働くことができるのは縁です。1年目と比べて〈見ても意味がわからないこと〉が〈わかる〉ようになり、スキルアップの手ごたえも感じます。正直、建築は大変な仕事ですが、それを超えるやりがいと「この建築に自分も関わった」という誇らしさが何よりの魅力です。

自分なりの目標を見つけ、
向かっていく。

私の最初の現場仕事は「墨出し」でした。現場仕事の中でも元となる大切な作業で、少しでも間違えると全てが歪み、建物を完成させることができません。学生時代に学んだものの、いざ現場で実際に向き合うと違う。その緊張感は今も覚えています。ほかにも、初期は「この作業は何だ?」「次はどうつながる?」と流れがつかめず戸惑いがちでしたね。現場にいるからには私もきちんと仕事がしたいので、上司や職人さんに積極的に質問し、自分でも調べて疑問を解消していきました。まだ全てを理解しているわけではないので、コミュニケーションを大切に経験と知識を増やし、現場を広く見て把握できる目を養い、一人前の現場監督として頼られるようになりたいです。

DAY OFF休日の過ごし方

食べ歩きが好きで、休日にはラーメンの食べ歩きをしています。新しいお店がオープンするとどんな味なのか食べに行っています。